Razer Vespula インプレッション

レビューという形に仕上げたかったのですが、今メインで使っているマウスで思いっきり、相性問題が出て使えなかったので、インプレッションに留めました。

まず第1弾なんですが、先日のGameonLiveで購入した
Razerの両面マウスパッド Vespulaです。

 

Razer Vespula は、両面でそれぞれの面でスピード向きと精度向きの2つのパートに分かれており用途に合わせて一枚のパッドで使い回す事が出来ます。

ざらざらの摩擦抵抗の高い方が精度/Aim用、
つるつるの摩擦抵抗の低い方がスピード用になってます。

サイズは  300mm (長) x 240mm (幅) となっているので、まぁ一般的なゲーム用と向けには必要十分と言ったサイズでしょう。
形状がちょっと凝っていて縁がツヤ入りなのでかっこよく見えますね!

このマウスパッドにはリストパッドも一緒に付いています。
これがかなり滑り止め効果も高くいい感じ、同じ程度のサイズのマウスならそのまま下に敷いて使えると思います。
邪魔な人には要らないけど、腕を気遣いたい人にはいいオプションサービスだと思います。

実際に、まずテストを試してみたところ、今メインで使っているマウス。
ROCCATのPyra Wirelessなのですが、どうもこいつとは相性が悪いらしく全く使い物になりませんでした。

とりあえず、我が家にある他のマウスパッドでの動作チェックのみとさせていただきます。

  • SteelSeries XAI LaserMouse 動作問題なし
  • Razer DeathAdder 動作問題なし
  • Dhamapoint DRTCM01 動作問題なし
  • Dhamapoint DRTCM02 動作問題なし
  • Logicool MX-Revolution 動作問題なし

と言ったところでした。
問題が出たのはPyraだけだったので、もしかしたらROCCATで使われているブルーLEDのセンサーと相性があるのかもしれません。

大きさや価格、形状と言った部分では必要十分な性能を持ったマウスパッドだと思います。レーザーセンサーでも問題なく使えたので、ゲーム向け以外にもDTPなどの業務用用途には付属のリストパッドが効いてくるかもしれません:D

広告

~ by gamersoyo : 2010年10月27日.

コメント / トラックバック1件 to “Razer Vespula インプレッション”

  1. なんか文字化けしてる。理由が分からない。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。