キーボード掃除

何というか、目に見えてキーボードが汚れていたので、掃除しました。

調子こいて、2枚も掃除したので都合2時間ほど掛かってしまった。。
キートップを1個1個磨くので手間が掛かり、そして指先が痛くなりますが、長く付き合っていくデバイスですからね。掃除重要ですよ。


掃除対象となるキーボード これが今回の、主な掃除対象となったキーボード、ゲーマーの皆様にはおなじみのRealforce(黒)ですね。
僕はテンキーレスタイプで、CTRLキーとCapslockキーが入れ替えられるちょっと特殊なタイプを愛用してます。欲を言えば、複数同時押しキー対応の英語キーボードでテンキーレス、そしてCTRL/Capslock入れ替え可能なヤツが欲しいのですが、当時は無かったので、そのままこれ使ってます。まぁイイキーボードは高いですしね:(

画像は既に半分ほど取り外されてますが、まぁ1個ずつ、キープラーで外していきます。キープラーは、キーボード掃除キットってのが大手PC家電量販店で、、今は売ってるかな?購入すれば、付いてくるはず、、注意点はまっすぐ引き抜く事。そうしないと軸が折れちゃうからね。軸折れたら、まぁ終わりです。保証も普通は効かないから新しく買い直すしかないです。

外したキーは並べておくが吉 外したキーはこうやって並べておいておくのがイイです。
まぁ、別に適当でもイイですけど(笑
戻すときにいちいちこのキーどこだっけとか確認したくないじゃん?んでまぁ、1個ずつ磨きます。
あと、長いキーボードはパンタグラフ型で支えてる物もあるので、これを取ると元の正しい形に戻すのが非常に大変なので抜く前にでかいキーは要注意です。

キートップをすべて外したキーボードこれが、キートップを全部外したキーボード本体。
汚いですね:(

まずは逆さまにして、でかいゴミを落としてから、擦って細かいこびりついているのを落とすのがいいでしょう。
このキーボードは接点とか基盤が板で保護されているので、ガリガリ行けますが、そうでないヤツはブラシではなく、綿棒とか先の柔らかい物で行きましょう。
注意点は、ぬらさない事と、稼働してる部分の扱いです。摩耗帽子のためのグリスなりオイルが薄く塗られているので、これを落とすと物によってはキーボードが使い物にならなくなります。

無事完了

キートップを磨き、ゴミを落としたら、キーを元に戻して掃除完了です!長時間お疲れ様でした。

あれ?キーの色が違ってるぜ?ってか(笑 まぁ、黒モデルのRealforce使ってる方はご存じと思いますが、黒のキー文字列、使い込んでいくと落ちて無様なんです。。なので、今回の掃除を機に、白モデルからキーを拝借してきました。

広告

~ by gamersoyo : 2010年11月23日.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。