ネットカフェ稼働時間ランキング、僕の視点

4Gamerさんに面白い連載が始まったんだが、これ毎月やるのかな?だとしたら、ランキング合戦みたいなのが始まってちょっと面白そう。
けど、データ提供元が本文中ではなく注釈の中にあるあたり、ちょっと意図的な何かを感じざるえないというあまのじゃく的な発想が頭に来てしまう汚い大人です。すみません。

んで、いきなり突っ込むんだけど、4年前と比べると~こう変わってるなんて書かれてあるけど、実際4年前と比べられてもまぁ、そりゃ当然の話なんですが、その頃のまともなネットカフェサービスはMMORPGというジャンルでしか成立してなかったんだよね。
逆にあったの?って突っ込みを入れてあげたい。

で実際問題、ネットカフェの稼働時間に影響する要素は一般的には、魅力的なネットカフェ特典があるか否かだと思う。

上位陣はまさにその辺じゃないかな?課金して自宅でやるよりも、ネットカフェで特典貰った方がオトクなんて思わせるくらいのボーナスが付いてくるとやはり伸びる。

首位のMHFは、もうこのまま当分は安泰だと思う。Nポイントで貰えるアイテムや、2人/4人の同伴入店時に貰えるキャンペーンの報酬があまりにもおいしい。これらは店員のお小遣い稼ぎの温床ともなっているが、癒着が改善されたとしても、ネットカフェ特典のサービス内容が良すぎる。これに見合うレベルの特典を用意できてかつ魅力的なゲームでなければ動かないだろう。

その下に並ぶLineage2、AION、ラグナロク、ドラゴンネストも同様。特に期間限定スタンプラリーキャンペーン系の報酬は非常に美味しいので、余裕があるビジネスマンならお昼休憩の1時間でもネットカフェに行き特典の為に稼働時間を延ばしてくれているだろう。

777Townは、守備範囲外なのだが、パチンコ、パチスロといった既存の娯楽を24時間楽しめるとあって、コンスタントに稼いでいるようだ。これまでは同ジャンルはオンラインゲームポータルの一つだったわけだが、実機を持ってこれるパチンコパチスロポータルとなった777Townに少しずつ奪われているのかな?
ちなみにこいつは僕が知っているネットカフェ特典だけでは全く楽しめない内容で、課金しつつネットカフェで、、だと思うんだが、今は違うのだろうか?

その下ようやく一桁、といったところでFPSが2つ入ってきている。
ここは次回集計時には間違いなく動くだろう。
確定でサドンアタックが落ちる。なぜならネクソンは移管後のネットカフェ特典がまだ未定だからだ。
これまで得られていた専用特典が無しの状態が続くと忘れられてしまう。もちろん稼働している店舗では急激には変わらないが動機の1つが削られるのでこのままでは危ない。
どうでもいい事かもしれないが、サドンアタックでググったときに出てくる2つめのsuddenattack.jp がページが見つかりません。なんだが、、今メンテナンス中?月曜日に定期の所って殆ど無かったと思うんだけど、、

さて、ネットカフェの稼働時間に関連してくるのは一般的には特典と書いたが、それ以上の要素となるのがやはり、そのゲームのやりやすさ、プレイ環境だろう。

4Gamerさんの方でも書かれている「オープン席」に関してだが、あまり参考にならない。やはりネットカフェで稼働率がいいのは圧倒的に個室型のブースであり、店内の殆どが個室型で、オープン席が、たとえば10席以上用意されているところはかなりレアな店舗と言えるだろう。
店内に入り、マンガやテレビを見る客とオンラインゲームを目当てで来る客の数は明らかに違うと行っていい。

個室型の騒げないお店では、ちょっとした、話し声でさえ壁パンで威嚇してくる神経質なお客様も居るくらいだ。
例え遠く離れたオープン席であれ、騒ぎ声が聞こえればクレーマーと化ける。

ただ、時間を潰すだけのお客と比べてオンラインゲームを目的としているお客は掴んでしまえば、落としてくれるお金が一気に増える。どうやって掴むのか?は先に書いたプレイ環境だ。

そして、ここで強いのはアクションゲームだ。こういうときシステムは単純明快なシステムの方がいい。
ちょっと常連で来ていただいけるようになったお客様にお勧め出来るように、スタッフがインストラクターとして機能できるようなゲームは自然とそのお店での稼働時間が延びる。

PPS等で圧倒的な下地ができあがっているMHFはこういうときに強い。
ただ、育てる要素も強く、素人玄人の同居が難しい。こういうときに強くなるのはFPSになってくる。

もちろん横スクロールのアクションゲームも簡単だが、これは簡単過ぎてお子様的に見られてしまい。ある程度の歳、成年以上となると 馬鹿にしているのか?と思われるが、FPSは、単純だが奥深い大人向けな要素が素人目でも感じられるのでやはり導入での受けがイイ。
簡単なガイダンスで隣の席の人と一緒に楽しめるという感覚を味わいやすく、オープン席などのレア席の特性を最も活用できる形もいいところだ。
ゲームを始めてもなかなか隣の席の人とゲームの中では会えない、RPGや他ジャンルの ゲームには無い楽しみがある。

いずれにせよ、限られたエリアでの稼働時間は、そこにいるコミュニティーの流れでどうとでも動く。お店はそういったコミュニティーを掴むなり、作るなりすることで、オンラインゲームの稼働時間を劇的に延ばす事が出来るのだ。

ただ、やはり個室型との同居はどこでも悩みの種となるところだ。上手い解決策を見つけられればいいのだが、、

4Gamer.net ― 新連載「オンラインゲーム ネットカフェランキング」掲載開始! 第一回のお題は,MMORPG一強時代の終焉――ネットカフェにおける流行の変化
http://www.4gamer.net/games/000/G000000/20101209063/

TB-PRESS | ネットカフェ支援ポータルサイト [PRESENTED by Technoblood]
http://www.technoblood.com/tbpress/rank.php

広告

~ by gamersoyo : 2010年12月13日.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。