オフライン・ネットカフェでのゲームセットアップ

オフラインイベントやネットカフェイベント、キャンペーンも認知が広がり利用する人たちが増えていると思う。ただ、その際のプレイ環境の構築はなれないと戸惑って余計な時間が掛かってしまったりするだろう。そんな時に役に立つ情報を出せればなと思っている。

まずは、一番手前の部分で人が触るところの調整だ。モニタやキーボード、マウスといったところからはじめよう。
キーボードやマウス、マウスパッドあたりは、最近は自分の物を持ち込んで使う人も徐々に増えているだろう。そういった持込デバイスもきちんとセットアップしなければ普段の環境に近づけることは出来ないので、そのあたりをお伝えできるればいいかなと思います。

モニタの調整

モニターで何か調整するところなんてあるのか?と思うだろうが、普段は気にしていないだろうけど自分が慣れ親しんだ、目線の高さや角度。輝度やコントラスト。そして解像度とアスペクト比を調整していこう。

まず、目線の高さや角度のところだが、角度はどのモニタでも調整可能だが、高さの部分はモニタの機種によっては調整できないものがある。こういったときは、椅子の高さを変える位でしか調整が出来ない。モニタの下に台を置く等で調整は可能だが、自宅じゃないし、まぁこのあたりは許容していくしかない。
輝度やコントラストはネットカフェ等では節電等も考えて低く抑えていることも多いだろう。モニタの調整ボタンを使って自分の好みに合わせていこう。
解像度とアスペクト比、解像度はWindowsやゲーム上での設定だがアスペクト比を維持するかしないかは(4:3の解像度を使用する際にワイド画面にあわせて伸ばすか伸ばさないか)モニタ側での調整になる。ただ、モニタによってはワイド画面で固定されてしまうものもある。ここもやはり諦めるしかない:(

僕が使ってるIOデータのモニタだとモード切替で対応

キーボード、マウスの調整

キーボードとマウスの調整はモニタよりも面倒だ。やはり一番辛いのは、”位置”だろう。自宅環境とは違うテーブルは高さや場所が大きく変わる可能性がある。そしてモニタと違いテーブルは高さ調整が出来ない。こんなときロシアンスタイルなんかは強いんだよね。

ロシアンスタイル

ロシアンスタイル(画像はnegitakuからお借りした)

キーボードの位置がテーブルに依存せず、そしてマウスの動かせる範囲をテーブルに最大限確保できる。
テーブルの上にキーボードを置くならば、テンキーレスタイプがマウスパッドの稼動範囲を広く取りたい人にお勧めしたい。
モニタのところでも書いたが高さ調整に椅子側の動かすのも同様にやっておこう。どうしても必要な高さを確保できない場合は、座布団やクッションなどを借りて敷いてしまおう。すわり心地までこだわりたいならクッションも持ち込んでみよう。どんなにPoorな椅子でもとりあえずクッションで何とかなったりもする。

位置が決まったら、マウスの加速やスピードを調整していこう。
ただし、ネットカフェでは複数の人が利用する為に再起動を掛けると設定が戻ってしまう事が一般的だ。このため出来ることはWindowsでの調整がほとんどになってしまい。動作に再起動を必要とするマウスウェア側からの細かい調整は出来ないことがある。そういったところを踏まえて、オフライン・ネットカフェでのプレイを前提としたデバイス選びを次に書いていこうと思います。

広告

~ by gamersoyo : 2011年6月20日.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。