Game Booster 3を試してみた

先週書いた記事の中ドラゴンクエスト10か、、ゲームメモ 9月5日 « そよかぜ の 生息域で書いた【無料ソフト】世界で最も優れたゲーム最適化ツール。1クリックで遅いPCを高速なゲーム用PCに変えます! – Game Booster 2が非常に気になった(3が無料でリリースされてニュースに乗ったのにWebサイトは2のままだったりするあたりも)ので入れて使ってみることにした。

結論から先に書いちゃうと、僕の環境だとゲームによってはほんの少しだけfpsがあがったかな?って程度。
CPU使用率もメモリも余裕があるようだとあまり恩恵はないみたいだ。
逆にCPUもメモリもかつかつでロードも遅いし、fpsもちょっと気になるよ!って人は使えるツールかもしれない

まぁ面白いツールが無料で提供されてるので興味がある方は詳細を読んでみてください。

まずはGame Booster3の目玉機能をあげてみる。

  • Boost機能
  • 診断機能
  • ツール

この3つになる。

Boost機能

GameBooster3起動画面

目玉機能。
起動した直後に表示されるBoostボタンを押すと必要のないプロセスとサービスを自動終了させてくれる。
Boost済み
“元に戻す”で終わらせたサービスを復旧させる。

設定で終わらせるプロセスやサービスは選択可能になっており、必要なプロセス、たとえばマウスウェアなどは個別に除外可能。
終了させるプロセスを選択可能

プロセスの一覧の場合だと、ゲームに関係ない割合が表示される。100%に近いほどゲームには関係のないプログラムということになるだろう。プロセス名からプログラムが分からず、必要かそうでないかの判断が難しいものは、脇にある詳細ボタンを押せば、メーカーのWebサイト(英語)で調べられる。
ただし自分が使っているプロセスを誤って登録して、Boostモードにしてしまった場合は、Boostモードから復帰しても元に戻らないので、一般的には再起動して元に戻し、再設定する必要が出てくる。
サービスのほうはゲームに集中するならば標準設定で問題ないだろう。

禁断の機能か?

Boost機能を使うもう1つの方法として、GameBoxモードというのがある。
GameBoxモード

これは、WindowsのExplorer.exeを終了させ、仮想デスクトップという状態にし、GameBoosterからゲームを起動するというモードだ。
この状態になるとデスクトップアイコン等が非表示になりWindowsの機能がかなり制限された状態になる。
ただ、標準設定のままだと僕が良く使っているSteamの機能と競合し動作がおかしくなったり、ランチャーからゲームのプロセスを起動するようなゲームの場合だとゲームランチャーが終了し、本体が起動した時点でGameBoxモードが終わってしまうこともあった。
このあたりはWindows熟練者でないと解決しづらいと思う。初心者にはお勧めできない機能だ。ただ、ここまでばっさりとプロセスを切り捨てるのはインパクトがあった。

診断機能

診断機能

dxdiagみたいなだわ。その結果をtxtでずらーっと表示させてる。
その結果をフォーラムにアップロードして助けを請うって事が出来るみたいだが、フォーラムのほうは英語でした。

ツール

ツールメニュー

ツール機能は3つに分かれていて、レジストリツールとデフラグツール、そしてドライバチェッカーの3つがある。

レジストリツール

レジストリツールはゲームにはあまり関係ない部分だが、細かいチューニング(別にやらなくてもいい)をしてくれる。元に戻す機能があるか不安だったのでこれはチェックしてない。確認した限りやばそうなレジストリはなかったが、他が壊されたら怖いから触らなかった。

デフラグツール

デフラグツールは、HDDすべてではなくゲーム単体をデフラグするツールみたいだ。ファイルサイズの大きいゲームが断片化していた場合は効果が期待できそうだが、時間の都合試せていない。最近はHDDも容量大きいからデフラグなんてやることはなくなってきたよね。

ドライバチェッカーは、使っているドライバが最新か?をチェックする機能みたいだ。
個人的には現状に不具合がなければドライバは無理にアップデートしないほうがいいと思っている。のでこれも同様使っていない。

う~む?

ゲームのパフォーマンスを確保するためにExplorer.exeまで終了させるGameBoxモードとゲーム単体でのデフラグツールには、興味をそそられるものがあるが、それ以外は特に目新しいものはなかった。

ボタン1つでパフォーマンスを伸ばせるようだが、実際にどの程度効果があるかは微妙なところだし、うまく動かなかったときの調整の為には、Windowsの知識がそれなりに必要になってくる為、手放しにはお勧めできない。
それと、一度だけBoostモードにした状態でゲームを起動したところFPSが一桁まで落ちてしまい使い物にならない状態になったが、再現できず謎のままだ。

今やっているゲームがFPSが落ちてゲームが辛い!って時に藁をもすがる思いでこの Game Booster 3を試してみる価値はあるだろうが、パフォーマンスに満足している人には意味がないだろう。
まぁそういうこともあって無料化されたのだろうが、、、、

広告

~ by gamersoyo : 2011年9月12日.

コメント / トラックバック1件 to “Game Booster 3を試してみた”

  1. 統計データ見てると、これ結構見られてるみたいだ。
    もう少し書こうかな、、でも時間が、、

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。