東京ゲームショウ、Razerブースのスタークラフト2で講習会並びに招待試合でボランティアしてきた

ゲームショウでスタークラフト 2

これまでオンラインやオフラインでもイベントを開催してきたStarcraft2 JP Communityだが、ゲーム全般という広いくくりのイベント会場での開催は初めてじゃないかな?間違ってたらごめん。
今回はRazerさんのブースで、台湾のプロチームGamaBearsに所属するLeaf監督とSEN選手が来日し、10名の日本人選手への講習会、並びに3名の日本人注目選手との招待試合が開催された。
前の日記でも書いたけどボランティアに応募して、会場のカメラを担当させて頂いたので、簡単にイベントをあくまで僕の個人的観点からレポートしていこうかと思います。

準備不足か、、申し訳無い

イベント自体は無事終わりましたが、全体的に準備不足が目立ってしまい、正面のメインスクリーンが真っ暗になってしまう時間が長く、しかも決定的な場面で見られなくなると言う事も起こってしまい申し訳無かった。
この状況、ブース内に居るスタークラフト2を知っていて、配信などでも楽しんでいる人達にはある程度、許容できたかもしれない。
でもRazerは知ってるけどRTSと言うジャンル、スタークラフトはあまり知らない。あるいは、Razerもスタークラフト2も知らないというゲームショウに訪れた大半の人達からすると、何しょっちゅうトラブってるんだよ。。と厳しいご指摘を受けてしまうようなヤバイ状態だった。
そんな中でも、無事イベントを捌ききったSC2 JP Communityのmatsujunさんは凄かったと思うし、イベントを引き受けてくれ開催まで漕ぎ着けてくれたRazer MSY、ソリッドレイ研究所、テクノブラッドには感謝を言いたい。

反省点

  • 機材の準備

準備不足と経験不足が目立ってしまった。特に正面のメインスクリーンに表示させていたPC1台で配信と映像ミキシングを行うハイスペックマシンを持ち込んでいたみたいんだったんだけど、早い段階の途中から恐らく熱暴走で再起動を繰り返す状態になってしまったように思える。
PCが落ちてしまっても何らかの映像ソースを移し続けられる用に映像の切り替えは別で準備しておきたかったし、事前にPCが熱暴走を起こさない場所にもって行きたかった。
このあたりはやはりブース全体の事前準備にも関係してくるのでやはり事前調整も期間が短かったから不足していたのが残念に思える。

  • 人員の配置

それからステージ、スタッフ、参加者、観客の線引きが曖昧だったのも気になった。
映像の切り替えをステージ上に置いた配信PCで行っていたのでステージ上に、実況者、解説者、選手以外にも上がってしまい。誰が主役なのか分かり辛くなってしまっていた。
ゲーム/試合中の主役は選手だと思うので、映像として、選手だけの映像を取りたいが、どうしても他のスタッフが映ってしまう。
同様にスタッフ、そして講習会や招待試合の参加者と観客が混ざってしまっていた。
広さが限られたブースでは仕方のない事だが、外から見て、誰がブースの人で、誰が同じ客なのかが分かり辛い。
スタッフとプレイヤー達の距離が近い事は悪くない事なんだけど、仕事とそうでない人は分けていかないと収集が付かなくなる。彼どこに行った?というのを発生させない為にもスタッフの立ち位置はあらかじめ決めておきたい。

プランナーとディレクター

今回イベント中の細かい取り決めをmatsujunさんが行っていたが、実況とそれを細かく気を使っていくのは、今後、負担が大きすぎると思う。特に蛍の光が流れてくるまでにイベントが終わらなかったのはまずかった。まだ1日残っていたので何とかなったが、これが最終日だと、ブースの撤収作業が待ってて、これが遅れてずれると追加作業の時間分、お金が発生してしまい、イベントを提供してくれた企業に負担が発生してしまう。
こうならない為にも、全体の進行を取り仕切るディレクター、そして前にも書いたが、準備や調整を行うディレクターは欲しくなってくるね。プランナーとディレクターは同じ人でもいいと思う。でも今みたいに実況とMCとまとめてmatsujunさんがやっていると負担が増えて細かい所に目が置けなくなってしまう。いや別に実況を他に譲れよって言ってる訳じゃ無い。
今のスタークラフト2の日本のコミュニティーリーダーは間違いなくmatsujunさんだと思うし、他にも実況をしている人は居のだから。
でも今のこのコミュニティーから更に発展していく為にも、matsujunさんと一緒にプランニングとディレクティングが出来る人が一緒に動いていけるようになるとより良いコミュニティーになっていけると思うんだ。

より良いコミュニティーにして行き、更に多くの人達にスタークラフト2というゲームに興味を持って貰う事が全体を引き揚げ、そして、日本人のプロプレイヤーを誕生させる力になると僕は願っています。

写真を入れようかと思ったら、自分のデジカメで写真撮ってなかった。。。

広告

~ by gamersoyo : 2011年9月18日.

コメント / トラックバック3件 to “東京ゲームショウ、Razerブースのスタークラフト2で講習会並びに招待試合でボランティアしてきた”

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] そして、全体的な雑感の部分は前回と同じかな。違う点は前はボランティアスタッフだったけど、今回は完全に見学側だったこと。そして、トーナメントの見学者がスタークラフトのユーザー層が濃かった点。 僕がイベントの会場であるアイカフェの方に入店したのが、始まってから1時間程度経過した12時頃到着したので、試合の1回戦、2回戦が既に終わっていたと思う。 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。